ウィルスがやってきた

メニュー 

ライブチャット体験研究所
役に立つリンク
+コラム
 └行く末
 └メールに礼
 └検索エンジン
 └ウィルス
  └苦情先一覧(mail)
 └FF
 └2002年冬の出来事
アフィリエイト考察
ライブチャット講座
簡単写真講座
アンケートの部屋
掲示板

8月に猛威を振るったSobigF。私の所にも、とうとうやって来ました。

メールクライアントを立ち上げると、何やら沢山のメールが、、、、

英語の件名
本文も英語(しかもファイルを開いて!ってふざけた内容)
90k超の添付ファイル。

ウィルスチェックすると

「SobigFに感染しています」

【うぅぅぅぅ】
とりあえずゴミ箱行きにしました。



次の日
メールチェックすると

「メールボックスが容量オーバーしています。不要なメールを削除して下さい」


【、、、、、、、はぁ〜、、、、、】



コツコツ受信拒否&フォルター設定していると、その短い間にも沢山のメールが来まくる。
5分に1メールほどやって来る。
【このままではマトモにメールが使えないのでメンドイが対策するかぁ(;_;)】


SobigFは送信元を詐称するので相手のメアドはわかりません。

とりあえずIP(インターネットに接続する時のパソコンのアドレス)を抜いて
ISP(プロパイダ)を調べることに


韓国じゃん!(実は、このISP、スパムメールでちょっと有名)


私も国際派の仲間入り?とかボケてみたのだが

どこからメアドが漏れたのか
サイトのログを見てみると同じIPが、、、、、
ググってきた人だった。

SobigFはパソコンに残っているキャッシュからメアドを調べて
そのメアドにもウィルスをばらまくのだ。

なかなか売れたのぉ、とか喜んでる場合では無い。
早速ISPの苦情窓口を調べてメールすることにした。

韓国語は解らないので英語で、ちょっと柔らか目の内容で送ってみた。



この間約1時間弱、メールボックスが一杯になっていた (T_T)
またまた、コツコツ受信拒否。


ん?
ちょっと違うメールが何通か来てた。

「警告!貴方はSobigFに感染しています。すぐに対策し、メール送信を止めてください」


そしてウィルスメールの添付ファイル、、、、、

韓国語と英語の本文で総容量140k超。

こいつは馬鹿かぁ? 嫌がらせ?

まったく何考えてるんだ!!!(`へ´メ)
SobigFと判れば送信元詐称ってのも判るだろう。
しかもウィルス付きで返信するとは、、、、、、
メールゲートウェイの設定おかしくないか?
(これは受信したメールサーバが自動で返信していたものでした)
まったく、こんなメールよこすとは、何処のどいつだ!!!久々に頭にきた。
今までアメリカや日本から、こんなメールは山ほど来ているが
ウィルスメールそのまま添付して来たヤツは初めてだ。
(その分アメリカはスパムがひどい&巧妙ですがね)
普段は、いちいち相手しない【それが礼儀ってもんです】
同じ相手からは1度しか来ないからね【何度も送ってたらネットが混雑して、みんなに迷惑だもんね】
しかし、この馬鹿者は、何通も送ってきやがる。

調べてみると送り主は、韓国の新聞社でした。
ドメイン調べるとホスティング会社が判ったので、苦情メールを出す。


「あんたの顧客から、こんなメールが来た。すぐ止めさせろ!警告は1度だけだ。次は実力行使する。」

元のメールのヘッダ情報を付けて、送信!
すぐに、このドメインは受信拒否!

会社の信用を考えた方が良いと思うぞ。
【ほんとは添付ファイルも付けたかったなぁ ^^;】



疲れたから今日は寝よっと
Zzzzzz


翌日メールチェックすると案の定メールボックスがパンクしていた。
ふ〜

ダメ元で受信サーバの管理元に「対応できない?」ってメールしてみる。

「すぐには無理です。ごめんなさい。自分で何とか頑張って下さい」
まぁ予想通りの答えだな。しょうがないかぁ。
韓国のISPからは音沙汰なし。

今日も、せっせと受信拒否設定、、、、

ん?またまたチョット違うメールが
こないだのヤツは受信拒否のはずなのだが、、、、、、

違う野郎だった。 でも内容は同じ。 またもや新聞社(前の所とは違うけどね)
調べてみると自前のサーバっぽいんだよなぁ。
ちゃんと管理してくれよぅ。

インフラの整備に使う側がついて行ってないのねぇ。

でもさぁ、ちょっと考えれば、どうするべきか解るよね?
自分の行動によってどういう結果に成るか?
相手への影響、自分への影響、社会への影響。
想定するでしょ?社会的地位も有るんだし、予想が外れたとしてもねぇ、、、




1週間経っても良くならないので韓国のISPには強い口調で抗議のメールを送った。

それでも音沙汰なし。まぁスパムで有名だしなぁ、、、




結局ウィルスメールが来なくなったのは3週間以上経ってからでした。
3週間も、ほったらかしかよ。


※:特定の機関に対して悪意を持った物では有りません。誤解の無いように。


コラムメニューに戻る 

当サイトのメニュー

ライブチャット体験研究所 (トップページ)

役に立つリンク

コラム

アフィリエイト考察

ライブチャット講座

簡単写真講座講座

アンケートの部屋

掲示板