検索エンジンGoogle

メニュー 

ライブチャット体験研究所
役に立つリンク
+コラム
 └行く末
 └メールに礼
 └検索エンジン
 └ウィルス
 └FF
 └2002年冬の出来事
アフィリエイト考察
ライブチャット講座
簡単写真講座
アンケートの部屋
掲示板

当サイトもGoogle対策(というか実験 ^^;)しています。
先月はPageRank4で喜んでいたのですが、現在2、、、、、
ランクダウンし過ぎ T_T
ちょっとした細工を施したのですが、予想に反してランクダウンを招きました。
実は興味深い結果に喜んでいる面も有りますが
好奇心とは裏腹に勝負に負けた気がして、、、この辺は性格ですかねぇ。

検索エンジンは、現在日本ではGoogle独走状態です。
MSNが独自検索エンジンを採用するか?Yahoo検索エンジンをGoogleから鞍替えか?
と話題になっていますが、どうなるんでしょうねぇ
(私はMS嫌いなので応援しません 笑、Yahooには頑張ってもらいたい、、、、びみょ〜)
私は、この状態には一抹の不安を持っています。
そして最近、この不安が徐々に増幅しています。
昔(といっても4、5年前ですが)は、知る人ぞ知るGoogleでした。
特に技術情報の検索には秀でたものが有り、辞書を見るならGoogleを先に見ろ!
なんて言われてたり(ウソ)
最近は何処も彼処もGoogleで、ありがた味が少なくなった?
では無さそうなんです。

皆さんはGoogleの検索結果に満足してますか?
ここ最近、意味の無い検索結果が増えた気がしませんか?

元々インターネットコミュニティーは、情報を発信する人と情報を求める人
精神も利害も一致していました。完全にとは行かないまでも不一致は少なかったと思います。
情報量が多くなり、情報を求める人の為に(欲しい情報に容易いに辿り着く為に)
検索エンジンが発達しました。
検索エンジンの目的思想は、素晴らしいものであり現在でも受け継がれていると思います。
特にロボット型Googleは、その思想を忠実に実装したものであり、その為に高い評価を得てきました。
現在でも、その評価は揺ぎ無く確固たる地位を築き続けている。
これからも、、、、、
そう期待したかったのです。

期待に答えてくれそうにない。期待が大き過ぎたのかも知れません。

「検索エンジンスパム」聞いた事が無い人も居るかもしれませんが、
要するに「検索エンジンの検索結果を不当に操作する」事です。
私なりの解釈は、不当かどうかは、どうでも良くて、
「検索結果が操作されたお陰で、不要な検索結果に辿り着く」事です。
いろいろ手法は有るのですが、説明は省きます。
対策も徐々にされてきています。いたちごっこ、という感は有りますが。
最近ある検索エンジンスパムが流行の兆しを見せています。
手法としては古典的で、昔から有りました。確信犯に間違い有りません。
技術的、金銭的ハードルが低くなってきた為に、流行の兆しが表れたのだと思われます。
このまま広がり続ければ、ロボット型検索エンジンは志半ばで、その生涯を閉ざされる事でしょう。
この手法は、防ぐ事が難しく、現在の技術動向からすると、ますます対策が困難になると思われるからです。

批判をする訳では有りません。
それぞれに言い分が有り、目的が有り、問題が有り、未来に向かって進んでいる。
ロボット型検索エンジンは元々理想には届くはずの無い、高い壁の聳え立つ試みだったのかもしれません。
ひとつ言える事は「私はやらない」 これだけです。
何故なら目的を達成する為の手段としては不適切だからです。
何の為に?
大事なことです。私は常々真の目的を見失わないように心掛けています。
広い視野を持って、長い時を見据えて。

私には自分の行動を左右する、もうひとつ大事な物が有ります。
信念(志?)に忠実になる。
私にとって命と同等の価値が有ります。誇(プライド)とはチョット違います。
不変と言う訳ではなく、歳と共に徐々に変化しているようですが、大きく変わることは無いでしょう。
見失いやすいのも事実です。
最近、見失わないようコツを覚えました。
私には子供はいないんですが、子供がいる(できた)と仮定して、
「子供に胸を張って言える」、「子供にも同じ道を歩んで欲しい」と思えることは正しい気がします。

Googleが生き延びるか、はたまた子供ができるか、私には判りませんが、
志半ばで生涯を終えるならば、さぞ無念な事でしょう。




※:今回は、あえて平文で書いてみました。焦点が定まらず支離滅裂で読みにくい点をお詫びします。


コラムメニューに戻る 

当サイトのメニュー

ライブチャット体験研究所 (トップページ)

役に立つリンク

コラム

アフィリエイト考察

ライブチャット講座

簡単写真講座講座

アンケートの部屋

掲示板